予防接種

破傷風予防接種のお勧め

破傷風は、庭や畑の土の中の破傷風菌の種(芽胞といいます)が傷口から入ってかかります。

いったん起こると、口が開かなくなり、全身の痙攣が起き、現在でも死亡率が高い病気です。

22歳未満の方、22歳以上で過去5年以内に追加の予防注射を受けている方は、大丈夫です。
それ以外の方も、傷の時は、健康保険で1回、予防接種をします。

1968年(昭和43年)以前に生まれた方は、ワクチンを受けていないので,

傷を作ると、やはり起こる可能性があります。

破傷風は、経験ある医師も少なく診断が遅れると致命的です。

そこで、自費ではありますが,、昭和43年以前に生まれた方には、予防接種をお勧めします 。海外へ行かれる方にも大いに勧められます。

予防接種は3回行います。

初回、1ヵ月後、初回から1年後、3回で10年有効です。

その後、10年に1度、追加接種をしていきます。

当院では1回の接種につき、3500円です。

ご希望の方は受付までお知らせ下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする